えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

実況中のゲーム、ゲームに関する昔話、ドッカンバトルやレジェンズの攻略情報などゲームに関する記事を毎日書いています♪

MENU

2018年でファミコン生誕35年!~ファミコンの歴史について~

スポンサーリンク

 

こんばんは♪

ゲームの事で色々調べていたら、丁度2018年でファミコンが発売されて35年になるという事を知りブログにしてみました(*´ω`*)。

(2018年も後1か月ちょっとなんですけどねw)

 

ファミリーコンピュータとは?

ファミリーコンピュータ(略してファミコン)は、

1983年7月15日に任天堂さんより発売されたゲーム機で、当時の発売価格は14800円。

f:id:enaochannel:20190203234440j:plain

ゲーム機そのものは1970年代くらいから発売されており、ファミコンは"第三世代"に該当します。

(家庭用ゲーム機としては1972年のオデッセイが初…でしょうか…???)

 

当時はゲームセンターやゲーム喫茶などのアーケードゲームが主流でしたが、

色々な問題点があり、子供(小中学生)のゲームセンターの出入りが禁止されていました。

そんな中で、

【低価格・高性能・様々なソフトを展開】

という販売戦略のもと、ファミコンが生まれたのです。

(ゲーム&ウォッチなどもありましたが、あれは携帯型+1機種1ゲームという非常に簡易的なゲームでした)

 

発売したての頃のファミコンはそりゃあもう高性能だったんですよ!

尚、その当時の任天堂社長であった山内氏からは、「本体価格を1万円以下に抑えよ」という指示があったそうですね…(;´・ω・)。

 

子供からしてみれば、

「行きたくても行けないゲームセンターにあるビデオゲームが家で出来る!」って事で喉から手が出るほど欲しい訳ですよ。

また親としても、比較的手が届きやすい価格帯で子供が喜ぶのであれば…という事で購入を検討する家庭も多かったのです。

私もその家庭の一つです(`・ω・´)。

まぁ…うちは裕福ではなかったので、その後ソフトをあんまり買ってもらえなかったのですが…。

(それでも渋々ながらも買ってくれた両親には感謝ですけどね^^)

 

 

やってた者だから思うんですけどね、ほんとにファミコンを始めて手に取った時の興奮はたまらんのですよ。

なんせ、TVという大きな画面の中に、自分が操作するキャラクターが動くんですよ。そしてそのキャラを使って様々な冒険をしていくんです。

そりゃワクワクしますよ( *´艸`)。

 

ちなみに、ファミコンの最終的な出荷台数は、

日本国内で約1935万台・国外で約4356万台の計約6291万台というとんでもない数字を叩き出したそうです。

 

最近では、ファミコン・スーファミ・PSなどの昔のゲームを搭載した"ミニシリーズ"も販売されており、今でもレトロゲームはすごい人気ですね♪

 

 

ふと思うのですが…今の子供がファミコンなんかのゲームをやったらどういう反応をするんでしょうね…?

意外と「面白い!」ってのめり込む子供も多いかもしれないですね(^▽^)。

お子様のいらっしゃる親御さんなんかは、昔のゲーム機を引っ張り出してきて子供と一緒に遊ぶと楽しいかもしれませんよ( *´艸`)。

 

最後に、ファミコンはかなり様々な周辺機器が存在します♪

今後はそういったものもご紹介していきたいと思います(^^♪

 

ではでは\(^o^)/