えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【ドラゴンボールレジェンズ】ザンギャ(BLU/EXTREME)の考察

スポンサーリンク

どうも、えなおです!

こちらのページは、ザンギャ(BLU/EXTREME)のキャラ考察です。

 

ザンギャ(BLU/EXTREME)の基本情報

f:id:enaochannel:20190731222609p:image

概要

f:id:enaochannel:20190731221844j:plain

初期ステータス

f:id:enaochannel:20190731221948j:plain

アーツ

f:id:enaochannel:20190731221916j:plain

 

各アビリティ

メインアビリティ

【悪の華】

  • 特殊アーツカードを次にドローする
  • 自身の与ダメージを30%アップ(25カウント)
  • 自身の気力回復速度を30%アップ(25カウント)

※使用条件:10カウント経過後※

ZアビリティⅠ

  • バトル時、「エピソード:劇場版編」の基礎打撃攻撃力を19%アップ

※ZアビリティⅢ以上で「タグ:女戦士」にも効果が適用される※

ユニークアビリティ

【美しき襲撃者】

場に出た時、以下の効果を発動する

  • 自身の与ダメージを30%アップ(15カウント)
  • 自身の打撃・射撃アーツコストを5ダウン(15カウント)
  • 敵に「特殊アーツコスト15アップ」の能力低下効果を与える(10カウント)

【勝利への犠牲】 

自身が戦闘不能になった時、以下の効果を発動する

  • 味方の与ダメージを30%アップ
  • 敵全体に「打撃・射撃アーツコスト5アップ」の能力低下効果を与える
  • 敵全体に交代禁止を付与する(5カウント)

さらに、味方の「キャラクター:ボージャック」に以下の効果を与える

  • 与ダメージを20%アップ
  • 射撃アーツコストを10ダウン

 

概評

2019年7月31日より開催された《第14弾超時空ガシャ》に新規収録されたザンギャ。

他の新規収録は、孫悟飯:未来(GRN/SP)ゴクウブラック(PUR/SP)ボージャック(GRN/EXTREME)です。

 

EXTREMEとしては破格の性能を持っており、自己強化・サポート共に非常に優秀なキャラです。

また、打撃・射撃ステータスは同ガシャに収録されているボージャックよりも高く、複数の与ダメアップ効果を持っている為、SPキャラにも引けを取らない強さです。

更に特殊アーツによる味方の与ダメUP・必殺アーツによる敵の待機カウント5カウント延長効果など敵味方へ影響を及ぼすサポートも出来るので、状況に応じた臨機応変な対応が可能となっています。

 

極めつけはユニークアビリティ:勝利への犠牲の効果。

自身が戦闘不能になることで、味方の与ダメUPと敵全体にデバフを与える為、退場しても尚味方へ貢献してくれます。交代禁止は5カウントと短いと感じる方もいるかもしれませんが、この間相手に大ダメージを与えて1体でも戦闘不能にしてしまえば自分に有利な状況に戦況をひっくり返すことも十分可能です。

 

弱点としては、打たれ弱いという点でしょうか。

レアリティがEXTREMEというところもあってか、打撃・射撃防御力が共に低めに設定されており、強力なコンボを喰らうとすぐ瀕死の状態になってしまうこともあります。

戦闘不能になっても味方を強化出来るという点はありますが、それでも前半で早々に倒されてしまっては数の時点で不利になってしまうので、極力攻撃を受けずに、戦闘不能になるタイミングはある程度こちらでコントロールしていきたいところですね。

 

後はEXTREME恒例ですが、入手難度は高いです。新規収録されようがピックアップで紹介されようがEXキャラの排出率は他と変わらず、そもそもの母数も多いこともあって狙って出すのはかなり困難です…。

 

まとめ

SP・EX共々、今回の第14弾超時空ガシャは非常に強力なキャラが収録されましたね。

ザンギャはサポート効果が非常に強力なこともあって、早々腐ることはないでしょう。入手出来れば早々に育成することをおススメします。

特に初心者の方でキャラ数が揃っていないという人は、他属性・他タグに出張しても問題ないくらい優秀です。

 

女戦士パーティに組み込んでも良いですし、ボージャック込みの劇場版パーティに入れても大活躍。更に、まだフルパワーボージャックの存在がこれから収録されてくることを考えると、ザンギャの伸びしろはまだまだあると言えるでしょうね…。

 

ザンギャと言えば、劇場版第12弾として公開された【銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴】に登場したオリジナルキャラクターです。

原作には登場せず、劇場版一作品のみの登場(厳密には別の作品でちょろっと参加しているが)のキャラだった為、若干認知度は低いものの、その美しい容姿など諸々の要素から少数派のコアなファンがいるとかいないとか…。

尚、【ユニークアビリティ:勝利への犠牲】は、劇中の終盤にボージャックが行った"ある行動"から取られています。結局悟飯には全く通用せず、非業の死を遂げてしまうこととなりましたが…。

これについては他のゲームでも度々ネタにされており、SFC版『超武闘伝2』では「ザンギャ、えいがではスマン!!」という掛け合いの台詞があったり、PS3/Xbox360版『レイジングブラスト2』ではこのザンギャへの仕打ちを「ダーティクリミナル」という技で実装化されることになったりと、色んな意味で好待遇なキャラだったりします。

気になる方はDVDなどで劇場版を視聴してみて下さいね♪

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/