えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【MHW:アイスボーン】操虫棍・弓・ライト&ヘヴィボウガンの新武器アクションを公開!その内容をご紹介

スポンサーリンク

どうも、えなおです!

2019年9月6日に発売予定の【MHW:アイスボーン】。

f:id:enaochannel:20190511202149j:plain

出典元:CAPCOM:モンスターハンターワールド:アイスボーン 公式サイト

 次々と新武器のアクション動画が公式から発表されておりますが、遂に今回で全ての武器が出揃いました。

本日は『操虫棍・弓・ライトボウガン・ヘヴィボウガン』の新アクションをご紹介していきましょう!

~関連記事~

遂に9月6日に発売決定!『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のご紹介! - えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

新要素"クラッチクロー"そして大剣&太刀の新アクションが公開!【モンスターハンターワールド:アイスボーン】 - えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

片手剣・双剣・狩猟笛・ハンマーの新武器アクションが公開!追加要素をご紹介【モンスターワールド:アイスボーン】 - えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

ランス・ガンランス・スラッシュ&チャージアックスの新武器アクション公開!追加要素をご紹介【モンスターハンターワールド・アイスボーン】 - えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

 

操虫棍

紹介動画はこちらです。

www.youtube.com

操虫棍の新アクションは大きく3つ。

【猟虫強化】

これはスリンガーの弾を使い猟虫を強化するというものです。猟虫強化を行うことで、"強化エキス"を2つまで採取することが出来、各色のエキスの効果時間が延長されるようになっています。

更に、強化に使用したスリンガーの弾によって2種類の効果が得られるようになっています。

『猟虫強化:力』

これはモンスターが落とすスリンガーの弾で強化した状態です。猟虫の攻撃力が上がり、猟虫粉塵の発生間隔が短くなります。

『猟虫強化:気』

こちらはフィールドで採取したスリンガーの弾で強化した状態です。猟虫のスタミナ最大値が上がり、緑を除く3色が揃った際のエキス効果時間が延長されます。

【空中クラッチクロー攻撃】

これは跳躍中に使用出来るクラッチクロー攻撃です。

大型モンスターにヒットするとしがみつくことが出来、そこから攻撃に派生するというコンボを繰り出せます。

【急襲突き】

急襲突きは、跳躍中に繰り出せる落下攻撃アクションです。

着地後のなぎ払い攻撃には、ヒットした部位に対して印弾効果があります。更に、猟虫が腕についている状態で急襲突きを行った場合は、着地攻撃後に猟虫による追撃も発生します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モンスターハンター4から実装された新たな武器カテゴリ、操虫棍。

棍と猟虫がワンセットとなっており、猟虫を巧みに操って自身を強化していく必要があるものの、使いこなせれば非常に強力な武器です。

新アクションとして導入された『跳躍(ジャンプ)』を巧みに操り、敵に乗りかかっていく姿は非常にカッコ良かった…のですが、私はあまり使いこなせず( ̄▽ ̄;)。

だって自己強化するのが面倒なんですもん。

慣れるまでに多少の手間はかかるものの、使いこなせれば非常に強力。まだ使ったことがないという人は、この機会に是非挑戦してみて下さい。

 

紹介動画はこちらです。

www.youtube.com

【竜の千々矢】

「抜刀スリンガー照準」中にスリンガーの弾を全弾使用し放てる、射程は短いが強力な攻撃です。

ただし、スリンガーの弾が無い場合は威力が下がるそうです。

少々モーションが長く癖があるような印象がありますが…それに見合うだけの攻撃力があるのでしょうか?

【抜刀スリンガー照準 切替】

「照準モード」中に、ボタン入力で『抜刀スリンガー照準』に切り替わります。

抜刀スリンガー照準中は、クラッチクローやスリンガーの弾を発射する事が出来、再度ボタンを押すことで照準モードに切り替わります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初期の頃、遠距離武器といえば私は弓を使用していました。

とはいえ基本ソロで行くことが多かった私は、攻撃力の低さもあってあまり遠距離武器は使用してきませんでした。

現在は遠距離武器も様々な補正が入り強くなっているので、改めて使ってみるのもいいかもしれませんね。何よりカッコいいw

ライトボウガン

紹介動画はこちらです。

www.youtube.com

【回避装填】

回避装填パーツ装着時に可能なアクションで、滑り込み回避時に1発分の弾を装填します。

これは、特にリロードの隙が大きい弾や装填数の少ない弾との相性が良く、足を止めずに撃ち続けることが可能となります。

また、パーツを複数装着することで、装填する弾の数が増えます。

【反撃竜弾】

 これは「超爆竜弾・改造パーツ」装着時に可能なアクション。「起爆竜弾」が、前方へ射出する「反撃竜弾」に変化します。

反動は大きく、起爆可能は範囲は短いものの、モンスターの攻撃で起爆した際に大きなダメージが期待出来ます。ただし複数装着は不可です。

 

ヘヴィボウガン

紹介動画はこちらです。

www.youtube.com

【特殊照準構え】

「特殊照準パーツ」を装着することで使用可能になる照準モード。

照準器の表示が変化し、照準がオレンジ色に変化する《超適正距離》でボウガンの弾を当てると威力が上昇します。

 

【ヘヴィボウガン専用の新強化パーツ】

『機関竜弾・改造』

機関竜弾を連続して命中させた時、より威力が上がるようになります。ただし、複数装着は不可です。

『狙撃竜弾・改造』

狙撃竜弾の性質が変化します。貫通性を失うものの、弱点部位に極めて効果的な弾を放てるようになります。こちらも複数装着は不可です。

 

ライト&ヘヴィ共通事項

【抜刀スリンガー照準 切替】

「照準モード」中に、ボタン入力で『抜刀スリンガー照準』に切り替わります。

抜刀スリンガー照準中は、クラッチクローやスリンガーの弾を発射する事が出来、再度ボタンを押すことで照準モードに切り替わります。

【装備枠拡張】

ライト&ヘヴィボウガン共に、アイスボーンに登場する素材で武器を強化することで、強化パーツの装備枠を増やせるようになります。

【共通の強化パーツ】

『弾丸重化パーツ』

貫通ダメージを与えやすくなり、気絶や滅気の効果が高くなります。尚、弾速強化との併用・複数装着は不可です。

『弾速強化パーツ』

こちらは弾速を強化し、射程や適性距離を延ばすことが出来ます。こちらも、弾丸重化との併用・複数装着は不可です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライト・ヘヴィは昔から全く…使ってこなかった武器ですね…(;´・ω・)。

色々事前に準備しなきゃいけないものが多い…という印象が強く、弓の時にもいいましたがソロでクエストに出ることも多かった為、基本近距離で挑む機会が多くそちらを多用していました。

使ってみたいとずっと思っていたものの、どんどん武器種が増えてきて使う機会を見失ってしまった感じですw

まとめ

これで全ての武器の新アクションが出揃いました。

いずれも新アクションであるクラッチクローとの連携はもちろんのこと、各武器事に新たな個性が出され長所を伸ばし・短所を補う様々な工夫がされています。

アイスボーン発売まで約3ヵ月、今のうちに色々な武器を使って武器の扱いになれていかないとですね(*^▽^*)。

 

アイスボーンに関しては、また続報が入り次第記事にしていきます!

ではでは、本日はこの辺で\(^o^)/