えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

「スパロボT」に物申す!伝えたい3つの問題点…【スーパーロボット大戦T】

スパロボT発売おめでとう!

こんばんは。

本日は、2019年3月20日に発売されたスーパーロボット大戦Tについてお話をしていきたいと思います。

f:id:enaochannel:20190324131924p:plain

出典元:スーパーロボット大戦T

 結論から言うと、私個人の意見としては【面白い】ですw

レビューサイトや感想も見ていると概ね評価も高いのではないでしょうか?

 

作品間のクロスオーバーも非常に熱く、セーブ&ロードも快適(据置機だけの発売にしたのが良かった)。

マジンガーZInfinityやレイアース・ガン×ソードやカウボーイビパップなどの、最新から中々参戦してこなかった作品群(ガン×ソードは携帯で既に参戦しているが)も登場しており…更にGガンダムとガオガイガーの久しぶりの参戦等々…ゲーム性そのものは非常に質の高い作品に仕上がっているように思います。

参戦作品はこちら

f:id:enaochannel:20190323232454j:plain

出典元:スーパーロボット大戦T

 

しかし…長年スパロボをプレイし続けている身からすると「う~ん…」と思う点もチラホラと見受けられます。

今回はその点に焦点を当ててお話をしていきたいと思います。

 

 

問題点1:戦闘シーンの使い回し

据置機で、現在のグラフィックで発売されているのは

【第三次Z(時獄編・天獄編)、V、X、T】

となります。頭身も上がり、美麗なグラフィックから繰り出される戦闘演出は初めて見た人であれば「最近のスパロボすげぇな」と思わせるほどのクオリティで制作されています。

ただ、引き続き参戦しているロボット群は"基本的に戦闘シーンはほぼ使い回し"です。

エフェクトが変更されていたり、一部武器は微妙に戦闘シーンが変更されていたりするのですが、大本は同じです。

 

まぁこの点は言い方を変えれば、『自分の好きな参戦作品が出演しているスパロボを選んで美麗なグラフィックを楽しめる』という利点になるかもしれません。

特に「V・X・T」は1タイトルで完結するので、久しぶりにスパロボをやりたいという人であれば、手軽に手を付けられるものとなっています。

 

ただ、面白いと思って次々と購入してしまうと、飽きが来てしまう可能性はありますw

 

問題点2:武器・合体攻撃の少なさ

特に最近のスパロボはこれが目立ちます。特に据え置き機。

例えば、Gガンダムの合体攻撃。昔であれば、

  • Gとノーベルのダブルゴッドフィンガー
  • Gとマスターのダブルゴッドフィンガー
  • Gとマスターの究極石破天驚拳
  • Gとライジングの石破ラブラブ天驚拳
  • シャッフル同盟のシャッフル同盟拳

などが収録されているのがほとんどでした。

しかし今作は「シャッフル同盟拳」のみです…。

更にマスターガンダムは武器数はたったの4種類(昔は8種類前後)。

ゴッドガンダムも軒並み武器がリストラされてしまっています…。ゴッドスラッシュタイフーンとかゴッドフィールドダッシュとかどこいったw

ちなみにゴッド&マスター共々「超級覇王電影弾」はカットされています(MAP兵器も無し…)。

 

そしてガオガイガーから参戦の超竜神撃龍神

彼らは本来「氷竜・炎竜」「風龍・雷龍」の組み合わせで合体することで上記ロボになるのですが、それぞれの組み合わせを変える事で『幻竜神』『強龍神』という異なるロボットになる事が出来ます(原作でも奇跡の合体と言われてはいたが)。

過去作のスパロボWでは、幻竜神と強龍神は個別ユニットとして設定されていましたが、今作では合体攻撃のみの存在となりました。

まぁこれはWのみ実現されたものでBXでも合体攻撃とされていた為致し方無しとも取れますが…それでも個別ユニットとして出してほしかったなぁ…というのが個人的な思いでしたw

 

その他にも携帯機では収録されていたガン×ソードの合体攻撃、我らがエルドラソウルの武器数の少なさ等々…言い出したらキリがないくらい武器の種類がカットされています。

 

最近は、大体1年毎に新作が発売されている為、予算と開発時期の関係でオミットされている部分がある…と言われれば仕方ないかもしれませんが、

『それなら開発時期長くなってもいいからキチンとしたものを出してほしい』

と思うのはユーザーの我儘でしょうか…?

 

問題点3:DLC商法

これは以前から取り込まれているやり方ではありますが…本作にもDLC商法が存在します。

本編とは別に『ボーナスシナリオ』というものが存在し、全20話あります。

1話が約150円前後。フルパック購入だと2917円(税抜き)です。

 

何が問題って、これ「本編発売と同時に販売されている」ことです。

だったら本編に収録しなさいよ(# ゚Д゚)!!!

と思うのは私だけでしょうか?

 

ちなみに本体は、各作品の歌を収録した限定版が12600円(税抜き)、通常版が8600円(税抜き)となっており、仮に通常版+ボーナスシナリオをフルパック購入すると1万円を超えてしまいます。

 

仮に、本編を補完する為に、後からシナリオが追加されて更に本編を盛り上げてくれるというのならまだともかく…発売と同時にボーナスシナリオを別売りするというのはどうも良い印象を持てず(;´・ω・)。

まぁボーナスシナリオはあくまでもシナリオを楽しんで追加で強化パーツや資金がもらえるというだけなので、嫌なら買わなければいいだけなんですけどね(私は買ってません)。

 

最後に

色々と問題点を挙げてきましたが…私がスパロボTに思う事は以上です。

いや…以上じゃないなw 隠し要素が少なかったり、特典のゲシュペンストの武装が貧弱だったり言いたい事は他にもあります。

いや、ゲシュペンスト弱い訳じゃないんですよ。マグナムステークやゲシュペンストキックがないやん!っていう人もいますが、あれはそもそも初期型のゲッペーには搭載されていないものなので。

武器演出もカッコイイのだけど、今までがグルンガストやヒュッケバイン・サイバスターだっただけになんか物足りないんですよねぇ…。

どうせなら設定おかしくなってもいいからマグナムステークやゲッペーキックなんかは搭載してくれても良かったんじゃないかって思います。

 

スパロボは子供の頃からずっとプレイしている好きな作品で、今回もプレイしてても非常に面白い…のだけど、なんか物足りないんですよね。

まぁここまでシステムも演出も完成してしまっている作品だけに、これ以上劇的な進化を求めるのは無理があるのかもしれませんが…とはいえお金を出してユーザーに買わせるのであれば、頑張ってほしいと思う点は多々あったりします。

特に武器・合体攻撃の種類…!!!

最悪戦闘シーンの使い回しは仕方ない。そもそものクオリティが非常に高いのですから!

 

と、非常に長々と思いの丈を語ってしまいましたが、私がスパロボTに思う事は以上になります。

 

一応補足しておくと、長年スパロボシリーズをプレイしている人であればマンネリ化してしまうかもしれませんが、久しぶりに「スパロボをプレイする」という人には大変オススメの商品になっています。

一応以下にアマゾンのリンク貼っておきますね。

あぁ…そろそろOGシリーズ最新作、発表してくれてもいいんじゃないだろうか?

鋭意製作中なんでしょうか。開発時期が長くなってもいいから、素晴らしい作品を世に出してほしい。

そんな私の我儘ですw

 

ではでは、本日はこの辺で\(^o^)/