えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【デス・ストランディング】面白い?面白くない?デスストをプレイした感想

どうも、えなおです!

2019年11月8日に満を持して発売した【デス・ストランディング】。

「まだ購入しようか迷っている」という方もいらっしゃるかもしれませんので、実際にプレイ中の私の意見を交えて、本作の感想をお話していきたいと思います。

尚、ゲームの主な概要については、以前に記事を作成しているのでそちらを参考にしてみて下さい。

www.enao-gamechannel.com

※上記+本記事では、ネタバレはありません※

 

デス・ストランディングとは?

どんなゲーム?

本作のこの世界は「デス・ストランディング」の発生により、人々や都市が引き裂かれ分断された状態にあります。

そんな中、『伝説の配達人』であるサム・"ポーター"・ブリッジズが、孤立し動くことができなくなった人々のために『未来(荷物)』を運ぶ任務に赴き、人々・街を繋げ、荒廃したアメリカを再び一つに戻していくことが目的となっています。

人を選ぶゲーム

上記の通り、このゲームは『荷物を届ける』ことを目的とした非常に珍しい作品です。言うなれば"究極のおつかいゲー"です。

RPGのように倒すべき敵がいるわけでも、無双シリーズのように敵をバッサバッサと切り倒していく爽快感もありません。なので、そういったものを求めている人には向いていないゲームと言えるでしょう。

 

しかし、

  • 地道な作業が大好き
  • 自身で道を開拓していくのが楽しい
  • ストーリー・世界観を堪能したい
  • 人との繋がりを感じたい

こういった内容が大好きな人には、最高のゲームのように思います。

そして、このゲーム一番の醍醐味は【ストランド(繋がり)】です。

ソロゲーだけど、一人じゃない

本作は、ソロでゲームが進行していき、マルチで誰かと協力して進めていく作品ではありません。

しかし、オンラインでゲームをプレイしているユーザーと随時繋がっています

誰かが作ってくれた橋を利用したり、標識で道しるべを作ってくれていたり。逆に、他のプレイヤーのために自分が何かを作り上げたり…。そうやって世界中のプレイヤーと繋がっていくことができるのです。

 

ちなみに、このゲームの序盤は【非常に不自由】です。

重たい荷物を背負って、孤独に広いフィールドを駆け回っていき、新しいエリアに赴いた際は誰の手も借りることができません。

しかし、依頼を達成しエリアを繋ぐことで、他プレイヤーの残してくれた設置物などが利用可能になります。それを見た瞬間「色んな人と繋がっている」という実感と、安心感を得ることができるのです。

これに関しては、実際にプレイしてみると言いたいことが伝わるような気がします(^_^;)。

ちょっと気になった点

少しだけ、私自身が序盤(バイクを利用可能になった後くらい)をプレイして、ちょっと気になった点をお話しておきます。

気になった点は、以下2点です。

  1. ムービーが非常に長い
  2. フィールドを自由に探索できるまでが少し長い

1.は、MGSの時からそうですよね。基本的に会話シーンは多く挿入されています。

が、これはストーリーや世界観に没入できるという意味ではメリットとも取れます。最初は、専門用語が多く並び理解が追いつかない点もありますが、ストーリーを進めることで少しずつ理解を深めていくことができます。

2.は、上記見出しにも書いた【不自由】という点を強調する意味ではいいと思うのですが、自由に探索できるようになるには多少時間がかかります。

広いマップを徒歩で移動するのは中々に大変ですし、バイクに乗れるようになるのも思った以上に遅かったです。

まぁ…ストーリーを楽しみつつ、長いチュートリアルをプレイしていると思えば、そこまで気にはならないかもしれません。逆に、この不自由さがあるからこそ「繋がり」をより意識できるとも取れますしね。

 ただ、バイクに乗れるようになった後から一気に自由度が増します。たくさんの荷物を抱えながら、バイクで広大なマップを走るのは非常に楽しく、時間を忘れてプレイしてしまいますよ。

 

《追記》

上記の通り、序盤は中々大変です。

…が、ストーリーを進めていく毎に、新たなシステムが少しずつ追加されていき、やれることがどんどん増えてきました。

『何を目的として動くか』によっても、やることが大きく変わってくるので、時間を掛けるほどに"自由度の高さ"を実感します。

そして、新たなエリアを訪れた時の「ここには何があるんだろうか?」というワクワク感。久しぶりに味わった気がしますw

 

 

気になる人は実際にプレイしてみよう

人を選ぶゲームだなという印象はありますが、私自身はなんだかんだ楽しくプレイしています。ほんとにね、自由に動けるようになったらめちゃくちゃ楽しいですよ。

 

「配達」をテーマにした作品自体が非常に珍しいですし、小島監督らしい重厚なストーリーも非常に魅力です。

なにより"共闘"ではなく"つながり"を意識し、助け合いができるゲームというのが素晴らしい。私も、プレイしながら色んな人の役に立てるようなことをしていこうと思っています。

気になった人は、是非プレイしてみて下さい♪

 

本作をゲーム実況しています

私は、本作を自身のYouTubeチャンネルで実況しています。

動画配信の方はメインストーリーを中心に配信しているため、ネタバレのオンパレードです。

視聴の際はご注意下さい。

www.youtube.com

今のところはまだ未定ですが、ライブ配信でサブミッションや建設なども配信していこうかなとも考えています。

またその際はTwitterにツイートしようと思います♪

 

まとめ

発売前からそうでしたが、ゲームをプレイしてみても全く先が読めません笑

色んな意味で自由且つできることも多いので、それらを見つけていく楽しみを見出せるかどうかかな?という印象もあります。

 

最初はムービーも多く・非常に不自由・そして孤独です。しかし、そこを乗り越えたら一気につながりが広がります。

合う合わないはもちろんあるかと思いますが、購入された際は是非クリアまで楽しんでいただければと思います。

私もクリア目指して頑張っていきます♪

 

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/