えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【MHW:アイスボーン】「ぶっ飛ばし」徹底解説!~やり方・注意点・動画解説も有り!~

スポンサーリンク

どうも、えなおです!

絶賛配信中の【モンスターハンターワールド アイスボーン】

以前にクラッチクローについての解説記事を作成しましたが、今回はしがみつきからの派生技『ぶっ飛ばし』について解説していきたいと思います。

尚、クラッチクローの解説記事については以下よりご覧下さい♪

www.enao-gamechannel.com 

ぶっ飛ばしとは?

f:id:enaochannel:20190910181725j:plain
f:id:enaochannel:20190910181731j:plain

【ぶっ飛ばし】とは、モンスターの頭にしがみついた際にスリンガー弾を全弾発射することで、モンスターを頭を大きく吹き飛ばし⇒壁に激突…ダウンを取ることを言います。

壁に激突時に500前後(ダメージは状況に寄りけり)の大ダメージを与え、且つダウン後に一方的に攻撃できることから、積極的に狙っていくべき大技となります。

 

吹っ飛ばしのやり方と注意点

注意点

まずは注意点からご紹介します。

  • モンスターの頭部にいる時しかぶっ飛ばしは使用出来ない
  • 【怒り時】では全弾発射は使用出来ない
  • クロー攻撃は『怒り値』が蓄積される
  • 閃光弾や肥やし弾などの持ち込み可能な弾は使用不可

怒り時かどうかの判別は、画面右下のミニマップにある『モンスターの目』の色で判別出来ます。

f:id:enaochannel:20190907130226j:plain
f:id:enaochannel:20190907130231j:plain

やり方

ぶっ飛ばしの一連の流れは以下の通りです。

  1. L2ボタンで照準を合わせ、〇ボタンでクロー射出。もし頭部以外にクラッチした場合は、L3ボタンで頭部まで移動する
  2. 〇ボタン(クロー攻撃)で方向転換し、頭部を壁に向ける
  3. R2ボタンでスリンガー全弾発射

ちなみに、方向転換をするためにクロー攻撃を使用しますが、1回で約90度ほど方向を変えてくれるようです。

また、モンスターと壁との距離についてですが、モンスターの1.5~2体分くらいの距離なら転倒を狙える距離となります。

 

コツ

慣れない頃は方向転換が難しかったり、スタミナが無くなって振り落とされたり…と、ダメージ覚悟で仕掛けていくことになるかもしれませんが、何度も繰り返していくことで感覚で狙えるタイミングを掴めるようになってくると思います。

大事なのは、

  • スタミナ管理
  • クラッチクローは敵の隙をつく
  • 無理に狙おうとしない(欲張り過ぎない)

といった点でしょうか。

無理やりクラッチクローでしがみつこうとしたり、欲張りすぎて吹っ飛ばされたりなど、慣れないうちは上手く行かないことが多いかと思います。

欲張らずに、その場その場で「どう立ち回ると被害を抑えて攻撃を与えていけるか?」を考えて立ち回っていくいいでしょう。疲れている時など、隙を見せた時がチャンスです。

特にモンハンに慣れていない初心者の方は、守ることよりも攻めることに目がいきがちです。特攻してダメージ覚悟で攻撃するよりも、回避に重きを置いて攻撃出来る時に最高のダメージを与えていく…といった方が狩りが成功しやすかったりします。

 

ちなみに余談ですが、タイムアタックなど超速でモンスターをハントしている人は、『何度も同じモンスターと戦い、相手の癖や攻撃のタイミングを体で覚えている』熟練のハンターです。

始めたての頃は、「早く狩ろう」とか「カッコ良く狩ろう」とか考えずに、相手に慣れていくことから始めるといいですよ(^^♪

 

動画でも解説しています♪

こちらのクラッチクローの解説ですが、私のゲーム実況チャンネルでも解説動画を配信しています。

よろしければ、以下よりご覧下さい♪

www.youtube.com

この他にもアイスボーンについての解説動画をアップしておりますので、参考になったと感じていただければ、チャンネル登録もしていただければ幸いです(^^♪

 

まとめ

ぶっ飛ばし攻撃、正直言うと私は中盤くらいまで使用してきませんでしたw

しかし、実際に使用してみると大ダメージとダウンを取れること…そして空中の敵に対しての攻撃手段が増えるということを知り、今ではクラッチクロー共々良く利用している技になります(*´ω`*)。

 

慣れるまでは少々大変ですが、慣れてしまえばこっちのもの。頑張ってマスターしてみて下さい!

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/