えなおの"ゲームについて色々語りちゃいたい"

実況中のゲーム、ゲームに関する昔話、ドッカンバトルやレジェンズの攻略情報などゲームに関する記事を毎日書いています♪

MENU

今度はマリオが悪役に!?「ドンキーコングJR.」のご紹介

スポンサーリンク

こんばんは♪

初代ファミコンと同時に発売されたゲームソフト三本のご紹介!

www.enao-gamechannel.com

今回は「ドンキーコングJR.」です(^^♪

最初で最後の"マリオが悪役"として登場する、ある意味(?)貴重なゲームソフト。皆さんはプレイした事がありますか?

 

ドンキーコングJR.とは?

f:id:enaochannel:20190224170411j:plain

1981年に任天堂より発売されたアーケードゲーム「ドンキーコング」。

本作はその続編として1982年にアーケード版が発売され、翌年1983年7月15日にファミコンに移植(ファミコンと同時発売)されました。

 

今作は前作で主人公を務めていたマリオが"悪役"となり、マリオによって檻に幽閉されたドンキーコングを息子のドンキーコングジュニアが助けにいく…というストーリーです。

 

 

ステージは前作と同じく全4種類。1周毎に難易度が上昇する4ループ制のアクションゲームとなっています。(4面にてマリオと対決し、親ドンキーを救出する)

また、前作はファミコン版に移植された際に容量の関係でステージ2がカットされていましたが、今作は4ステージ全てが収録されています。

 

基本的な操作は前作と同じく移動とジャンプ、更に今作は"ツル"を使って昇り降りが出来るアクションが追加されています。

このツルは、一本・もしくは左右二本を両手で掴む事が可能となっており、

「ツル一本だと下降スピードが」「左右二本だと上昇スピードが」早くなるという特徴があります。

また左右連続で設置されている場面では、掴んでいる状態から隣のツルに移動する事も可能で、主人公がゴリラという特徴を活かしたゴリラらしい(?)アクションが実現されました。

f:id:enaochannel:20190227124420p:image

 

登場キャラクターの紹介

『ドンキーコングジュニア』

本作の主人公であり、前作の敵(マリオのペット)であるドンキーコングの息子。

ドンキーは一体いつ子作りをしたのだろうか?

 

『ドンキーコング』

前作の敵であり、今作の救出対象。

前作はマリオの恋人であるレディが救出対象でしたが、今作ではレディのポジションはゴリラです。

…昔だからこそ出来た設定ですね…。

今の世の中でゴリラを助けにいきたいと思うプレイヤーはそうそういないでしょう…。

 

『マリオ』

前作の主人公であり、今作の悪役。マリオ史上、最初で最後の悪役ポジションです。

尚、今作から"マリオ"という個人名が付けられています。

【常にを持っており、を叩いて敵キャラクターをジュニアに突撃させる】という現在のマリオからは想像も出来ないドSっぷりを発揮しています。

 

また、アーケード版の開始にて、マリオに姿や服装がそっくりな人物と2人でドンキーを搬送している様子が伺えます。

これは…ルイージなのだろうか…?そのことについては名言されておりません…。

f:id:enaochannel:20190227193507p:image

昔は兄弟揃ってやんちゃしてたんですね(*´ω`*)。

 

他にも今作では、

  • スナップジョーと呼ばれる"機械ワニ"
  • ニットピッカーと呼ばれる"ワシ"と"カラス"
  • スパークと呼ばれる"電気球体"

などの敵キャラクターも登場しています。

マリオ…殺る気満々やん…(;´・ω・)。

 

最後に

このドンキーコングJR.も、Wii・WiiU・ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール、更に2018年12月21日に任天堂SwitchのアーケードアーカイブスにてDL版が購入出来るようになっています。

 

ゴリラの特徴を活かしたアクション、ステージ毎に変化のある仕掛けが用意されており、シンプルながらも奥深い…前作とは一味違ったゲーム性となっています。

ご興味持たれた方は、是非DL版で遊んでみて下さい\(^o^)/

 

さぁ、次回でこのファミコン同時発売三作品ゲーム紹介コーナーもひとまず終了です。

最後は「ポパイ」。お楽しみに!

 

ではでは♪