えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【ドラゴンボールレジェンズ】クウラ:変身タイプ(PUR/SP)の考察

どうも、えなおです!

こちらのページは、クウラ:変身タイプ(PUR/SP)のキャラ考察です。

 

クウラ(PUR/SP)の基本情報

f:id:enaochannel:20191106153321p:plain

概要

f:id:enaochannel:20191106192853j:plain

初期ステータス

《通常》

f:id:enaochannel:20191106192939j:plain

《最終形態》

f:id:enaochannel:20191106192956j:plain

アーツ

《通常》

f:id:enaochannel:20191106193011j:plain

《最終形態》

f:id:enaochannel:20191106193023j:plain

 

各アビリティ

メインアビリティ

《通常》

【お前が最初で最後だ!!】

  • 「最終形態」に変身する
  • 特殊アーツカードを次にドローする

※使用条件:15カウント経過後※

《最終形態》

【これからが本当の地獄だ】

  • 特殊アーツカードを次にドローする
  • 自身の体力を25%回復
  • 自身のアーツカードドロー速度を1段階アップ(40カウント)

※使用条件:10カウント経過後※

ZアビリティⅠ

  • バトル時、「タグ:悪の系譜」の基礎打撃防御力を22%アップ

※ZアビリティⅢ以上で、「エピソード:劇場版編」にも効果が適用される※

ユニークアビリティ

《通常》

【もう一人の帝王】

バトル開始時、自身に以下の効果を発動する

  • 「状態異常の発生を2回無効」の状態強化効果を付与する
  • 1カウント毎に自身の体力が徐々に回復する(40カウント)

【誇り高き悪】 

場に出た時、自身に以下の効果を発動する

  • 被ダメージを20%カット(10カウント)
  • 打撃与ダメージを30%アップ(15カウント)

《最終形態》

【究極の変身】

  1. 自身が場に出ている時、敵が交代すると自身のバニシングゲージを40%回復
  2. 場に出た時、戦闘不能な「タグ:悪の系譜」または「エピソード:劇場版編」1人につき、自身に以下の効果を発動する
  • 与ダメージを25%ずつアップ
  • 被ダメージを10%ずつカット(10カウント)

【楽しませてもらえるぜ】 

場に出た時、自身に以下の効果を発動する

  • 被ダメージを20%カット(10カウント)
  • 打撃与ダメージを30%アップ(15カウント)

敵の攻撃終了後、以下の効果を発動する

  • 自身の与ダメージを25%アップ(15カウント)
  • 味方の「タグ:悪の系譜」または「エピソード:劇場版編」の与ダメージを25%アップ(20カウント)

 

 

概評

クウラの特徴

2019年11月6日より開催された《第17弾超時空ガシャ》に新規収録のクウラ。

本ガシャは「悪の系譜」「フリーザ軍」に焦点が当てられており、他の新規収録キャラは、最終形態フリーザ(RED/SP)第二形態フリーザ(YEL/EX)シサミ(GRN/EX)です。

 

"変身後"が相当ぶっ壊れなキャラです。

  • 体力・防御(特に射撃)ステータスが非常に高く、
  • 体力&気力回復も自身で行え、
  • 被ダメカット効果も備え、
  • 与ダメUP効果も豊富、
  • 味方のサポートまで可能で、
  • 戦闘不能者が増える毎に、自己強化される

…と、攻守援なんでもござれな性能となっています。 

特に【楽しませてもらえるぜ】の、敵の攻撃終了後のバフが非常に強力で、相手からの攻撃であればタップショット(単発射撃)なんかでも能力が上昇します。

さらに、「味方の~」はクウラ自身も対象となっているため、実質クウラは攻撃を受けるだけで与ダメが50%もアップします

 

ただし、"攻撃を受けなければ味方をサポートできない"という、交代バフ要因とは少し違った運用が必要にはなります。

自己回復&優秀な防御ステータスのおかげで、ある程度の攻撃には耐えられるとはいえ、サポートするためにダメージを受けていては本末転倒です。交代バフのように気楽に使える効果ではないので、ある程度慣れは必要になってくるかと思います。

 

後は、変身しないと本領が発揮できないという点も注意しておきましょう。変身前と変身後では運用方法が全く異なります。

さらに、これはあくまで先の話ですが、ビルス(GRN/SP)が所持している"メインアビリティ使用禁止"の効果。今後ビルスのように、メインアビを一時封印してくるキャラなんかが登場してくると、それらにも警戒は必要になってきます。まぁ出たらの話ですけどね。

【最終形態クウラ(BLU)】はオワコンか?

今回のクウラ登場により、「最終形態クウラ(BLU/SP)は今後どうなるか?」という点について少しお話を。

結論から言うと、BLUクウラもまだまだ採用価値有りだと思います。

そもそも属性が違いますし、PURクウラとは運用方法も異なります。BLUクウラは交代バフで『与ダメUPとクリティカル発生率UPを付与』する非常に優秀なキャラです。

PURクウラと一緒に編成しても良いですし、バトルに参加できるだけの地力もあります(若干心許ない気もしますが)。

「悪の系譜パーティ」であれば、一緒に編成してあげればPURクウラの能力がさらに上昇するためおススメです。

 

ただし、バトルモーションは全く一緒なので、どっちを使っているかが分からなくなることだけは要注意です笑

 

まとめ

攻守援全てにおいて万能な、超優秀キャラです。

超時空ガシャは、開催期間が長く・補助チケットもあり・今後マスターズパックにも収録されてくる可能性有という、入手難度は易しめのガシャなので、入手できれば今後のためにもしっかり育成していきましょう。

しかし、夏前くらいからですか。超時空ガシャ産のキャラもどんどんインフレしてますね。このまま2年・3年と続いていったら…どんな性能になっていくんでしょうか。

 

ちなみに余談ですが、私はDB作品の敵キャラの中で、最終形態クウラが一番カッコ良くて好きです(ゴールデンクウラはNOです)。

あの頭部のとんがってるのとか、両肩のボコッとした感じがいいんです(語彙力…)。後、変身時のマスク「カシャッ」音も良いんです。

バトル中に自由に変身できて、原作再現までしっかりとされているのですから…ファンにはたまらんですよ。

…使い回しでなければもっと良かったのですが…。

 

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/