えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【ドラゴンボールレジェンズ】スーパーベビー2(BLU/SP)の考察

どうも、えなおです!

こちらのページは、スーパーベビー2(BLU/SP)のキャラ考察です。

 

スーパーベビー2(BLU/SP)の基本情報

f:id:enaochannel:20191221173116p:plain

概要

f:id:enaochannel:20191221205053j:plain

初期ステータス

f:id:enaochannel:20191221205111j:plain

アーツ

f:id:enaochannel:20191221205124j:plain

 

各アビリティ

メインアビリティ

【邪悪な復讐心】

  • 味方の体力被回復量を50%アップ(60カウント)
  • 味方の「タグ:GT」または「タグ:再生」の与ダメージを40%アップ(20カウント)
  • 自身の被ダメージを20%カット

※使用条件:10カウント経過後※

ZアビリティⅠ

  • バトル時、「タグ:GT」の基礎打撃防御力を22%アップ

※ZアビリティⅢ以上で、「タグ:再生」にも効果が適用される※

ユニークアビリティ

【サイヤ人への恨み】

以下のタグに対する、自身の与ダメージを40%アップ(消去不可)

  • 「タグ:サイヤ人」
  • 「タグ:混血サイヤ人」

【ツフルの科学力】

  1. 自身の能力低下の発生を無効にする(消去不可)
  2. 自身が控えに戻る際に、味方の「タグ:GT」または「タグ:再生」に以下の効果を発動する
  • 体力を10%回復
  • 与ダメージを15%アップ(20カウント) 

 

 

概評

2019年12月21日より開催された《LEGENDS FORCE OF SAIYANS》に新規収録の、スーパーベビー2。

他の新規キャラは、超サイヤ人4孫悟空(PUR/SP)超サイヤ人4ベジータ(RED/SP)孫悟空:GT(PUR/EX)ハイパーメガリルド(YEL/EX)です。

 

各能力に記載の文言が少なく、パッと見「弱い?」と思うかもしれませんが、現環境に対してものすごく刺さる優秀な強キャラです。

バトル開始から10カウント経過後に使用できるメインアビ【邪悪な復讐心】と、ユニークアビ【ツフルの科学力】の相性が非常に良く、『60カウント間、控えに戻るだけで味方の体力を15%も回復』してくれます(もちろん自身も対象です)。

加えて、20カウント間「タグ:GT」の与ダメを大幅に上昇するため、超4悟空超4ベジータと組ませるとぶっ壊れパーティと化してしまいます。

そして、自身には能力低下の一切が無効+メインアビ発動と同時に被ダメカット効果も付与されるので、守備も万全です(被ダメカットはカウント数の記載がないので、消去されない限り永続)。

 

さらに、【サイヤ人の恨み】でサイヤ人・混血サイヤ人に対して常時与ダメが40%UPします。

これは、現環境で使用率が高い「タグ:神の気」や、これから使用率が上昇するであろう「超4コンビ」に対する抑止力となるため、ベビーの採用価値は飛躍的に高まることになります。

ただし、ベビーもサイヤ人タグが付いているため、この効果は自身にも適用されることには要注意です。

 

後は、特殊アーツも中々に優秀ですね。発動するだけで与ダメが上がり、ヒット時には気力回復+ベビーが所持している全てのアーツで追い打ちが可能です。

特殊でも追い打ちが可能なので、特殊⇒特殊⇒他アーツなんかで攻撃力UPと気力回復して追撃できたりもします(特殊が2枚手札にあることは稀ですが)。

 

もちろん「再生」パーティでもBLU属性の編成候補として名乗りを上げることができます。

特に再生のBLU(SP)は、ピッコロ:神と融合とスラッグしかいないので、それらの変わりに編成できるのは大きな利点です。

 

弱点としては、『編成の幅が限られること』『与ダメUP方法が限定的』という点です。

援護できるのは「GT」と「再生」だけなので、この2パーティ以外では活用できません。更に、サイヤ人・混血サイヤ人以外が相手になると、与ダメUP方法が特殊アーツしかないので、攻撃力がガタ落ちします。

といっても、超4コンビが単体でもぶっ壊れ性能なので、それをサポートできるだけでも優秀ですし、敵の編成によってバトルメンバーに入れるかどうかを事前に決めればいいだけなので、そこまで不利になることはありません。

そもそも「サイヤ人・混血サイヤ人」は主役級のキャラばかりなので、対戦相手になる機会は多いでしょうしね。

 

まとめ

アタッカーとしては若干限定的にはなりますが、援護キャラとしては非常に優秀なキャラです。

ベビーは、超4悟空・超4ベジータどちらのガシャにも収録されているため入手しやすいですし、GETできれば早めに育成してしまいましょう。

 

最後に。

ベビーとは、Dr.ミューが造り上げたとされる、ネオ・マシンミュータントと呼ばれる機械生命体のことです。

その正体は、『かつてサイヤ人に滅ぼされたツフル人が、残された科学力を結集させ、ツフル王の遺伝子を組み込み誕生した寄生生物』で、あらゆる知的生物に寄生(体内に卵を産み付け)し、宿主の力や意識を奪い支配する能力を有しています。

究極のドラゴンボール探索編の途中で登場し、トランクス・悟飯・悟天・ベジータなど…次々と悟空の関係者に寄生し、悟空を抹殺するべく行動していくこととなります。

尚、スーパーベビー2は、ベビーが「ベジータ」に寄生している状態で『配下にした地球人たちの"サイヤ人への恨みの気"を取り込み、進化した形態』です(ベジータベビー⇒スーパーベビー1⇒スーパーベビー2⇒大猿ベビーと徐々に姿を変えていく)。

スーパーベビー2との戦いで一度は敗北した悟空が、最終的に超サイヤ人4へと覚醒…その後、この戦いが決着していくこととなります。

 

このベビー編の最後が非常に良いんですよねぇ…。

「孫。お前は孫悟空だ。孫悟空にできないことなんてない。自分を信じろ!孫悟空!!!」

「泣くな悟飯、ほんとに強くなったな…お前のかめはめ波…すごく効いたぞ…」

あかん…思い出したら泣けてきた…(´Д⊂ヽ

(詳細を語りだすと止まらなくなるので、この点はDVDなりをご覧いただければと思います!)

 

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/