えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【ドラゴンボールレジェンズ】ハイパーメガリルド(YEL/EX)の考察

どうも、えなおです!

こちらのページは、ハイパーメガリルド(YEL/EX)のキャラ考察です。

 

ハイパーメガリルド(YEL/EX)の基本情報

f:id:enaochannel:20191221173130p:plain

概要

f:id:enaochannel:20191222161120j:plain

初期ステータス

f:id:enaochannel:20191222161132j:plain

アーツ

f:id:enaochannel:20191222161144j:plain

 

各アビリティ

メインアビリティ

【重厚な軍略】

  • 味方の体力を15%回復
  • 自身の打撃与ダメージを40%アップ(20カウント)

※使用条件:15カウント経過後※

ZアビリティⅠ

  • バトル時、「タグ:GT」の基礎射撃防御力を20%アップ

ユニークアビリティ

【堅固な体】

  • カバーチェンジ時、相手の攻撃終了まで自身の被ダメージを50%カット
  • 効果発動後、敵に「アーツカードドロー速度を1段階ダウン」の能力低下効果を与える(15カウント)
  • 効果発動後、自身の待機カウントが2カウント延長

【最強ミュータント】

  • 場に出た時、自身の与ダメージを30%アップ(20カウント)
  • 自身の状態異常を無効にする
  • 味方が1人戦闘不能になると、自身のクリティカル発生率が40%アップ

 

 

概評

2019年12月21日より開催された《LEGENDS FORCE OF SAIYANS》に新規収録の、ハイパーメガリルド。

他の新規キャラは、超サイヤ人4孫悟空(PUR/SP)超サイヤ人4ベジータ(RED/SP)スーパーベビー2(BLU/SP)孫悟空:GT(PUR/EX)です。

 

そこまで飛びぬけた性能を有している訳ではありませんが、攻撃・自己回復・援護など、一通りのことができる万能タイプのキャラです。

カバチェン時の被ダメカットも50%と優秀ですし、ドロー速度ダウンの効果で追撃の手も多少であれば緩められます(交代されれば終わりですが)。

与ダメUP方法も、メイン・ユニーク・特殊と複数所持しており、戦闘不能者が出るごとにクリティカル発生率も大幅に上昇するため、攻撃面も中々に強力ですね。

 

特に、援護タイプのスーパーベビー2との相性は非常に良いです。

ベビーが控えに戻るだけで体力回復と与ダメUPのサポートができ、メインアビでそれら効果の上乗せをすることが可能。カバチェンの効果を最大限に活用しつつ攻撃面も非常に強化されます。

 

加えて、「タグ:GT」はYEL属性が超サイヤ人ベジータ:GTしかいません。ここの枠を埋めるという意味でも、リルドの採用価値は出てきます。

ただし、Zアビリティは、限界突破が進んでも『基礎射撃防御力』以外の効果が発動しません

ZアビⅢの時点で基礎射撃防御力は28%上昇するものの、どうせなら打撃防御力の方にも効果が適用されていれば…。

とはいえ、それを差し引いても強力なキャラであることは間違いありません(もちろんベジータ:GTもですが)。

特に「タグ:GT」はまだまだキャラの母数が少ないので、EXTREMEキャラとはいえ活躍の場は十分にありますね。

 

まとめ

ベビーの交代バフとリルドのカバチェン時の被ダメカットの相性が良く、GT編成であれば中々に優秀な働きをしてくれます。

そもそも地力もある方なので、活用できる場面は必ずあるはずです。入手できれば育成もキッチリ済ませておきましょう。

まぁ…EXキャラは入手難度自体が若干高かったりもするのですが…。

 

尚、ハイパーメガリルドとしては今回が2度目の収録となります。

初陣は第11弾超時空ガシャに収録された、RED属性のリルド。打撃・必殺の攻撃力に優れた非常に強力なキャラで、高難度イベントで今でも時折お世話になることもあります。

意外と、ベビー・リルド(RED)・リルド(YEL)みたいな「マシンミュータント編成」とかにしても面白いかもしれませんね。超17号も編成すれば、結構固くなりますよ。

私も色々試してみよう。

 

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/