えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【ドラゴンボールレジェンズ】ピッコロ※LEGENDS LIMITED※(YEL/SP)の考察

どうも、えなおです!

こちらのページは、ピッコロ(YEL/SP)のキャラ考察です。

 

ピッコロ(YEL/SP)の基本情報

f:id:enaochannel:20200304190836p:plain

概要

f:id:enaochannel:20200305005259j:plain

※ヒット時、敵の手札枠をランダムで1つ封印する効果(発動確率100%)が付与された射撃カード。封印された手札枠は一定カウント使用できない(5カウント)※

初期ステータス

《変身前》

f:id:enaochannel:20200305005431j:plain

《変身後》

f:id:enaochannel:20200305005447j:plain

アーツ

《変身前》

f:id:enaochannel:20200305005504j:plain

《変身後》

f:id:enaochannel:20200305005518j:plain

 

各アビリティ

メインアビリティ

《変身前》

【カラダがかるくなったぜ】

  • 身軽なスタイルに変身する
  • 自身のバニシングゲージを100%回復

※使用条件:15カウント経過後※

《変身後》

【うけてみろーーっ!!】

  • 特殊アーツカードを次にドローする
  • 自身の気力を50回復
  • 敵の手札を全て破棄する

※使用条件:10カウント経過後※

ZアビリティⅠ

  • バトル時、「タグ:再生」の基礎射撃防御力を24%アップ 

※ZアビⅡ以上で、「エピソード:Z サイヤ人編」&基礎射撃攻撃力にも適用される※

ユニークアビリティ

《変身前》

【このオレがいっしょに行ってやる】

バトル開始時、以下の効果を発動する

  • 味方またはバディの与ダメージを20%アップ
  • 自身の射撃与ダメージを60%アップ(消去不可)

【魔族の力】 

  • 敵の攻撃終了後、受けたダメージの20%を回復する(回復上限は自身の体力の20%まで)
  • カバーチェンジ時、相手の攻撃終了まで自身の被ダメージを30%カット

《変身後》

【勝利への策略】

変身後からのバトル経過カウントに応じて、自身に以下の効果を発動する

  • 10カウント経過後:必殺アーツコストを20ダウン(消去不可)
  • 20カウント経過後:アーツカードドロー速度を1段階アップ(消去不可)
  • 30カウント経過後:打撃・射撃アーツコストを10ダウン(消去不可)

【魔族の底力】

敵の攻撃終了後、受けたダメージの20%を回復する(回復上限は自身の体力の20%まで)

さらに、自身の残り体力が50%以下の場合、自身に以下の効果を発動する(発動回数1回)

  • 与ダメージを20%アップ
  • 被ダメージを20%カット

カバーチェンジ時、相手の攻撃終了まで自身の被ダメージを30%カット

 

 

概評

2020年3月4日から開催された《LEGENDS BEGINNING OF Z》に新規収録の、LEGENDS LIMITEDピッコロ。

このガシャの他新規キャラは、孫悟空(BLU/SP)ラディッツ(GRN/SP)です。

 

変身前後で、アーツ・アビリティ共に性能が大幅変更されるピッコロさん。

もちろん変身可能になったらすぐに変身した方がいいですが、その前に『必殺&特殊アーツは1回ずつ使用しておく』ようにしましょう。

  • 必殺⇒敵の能力強化効果を消去(発動回数1回)
  • 特殊⇒60カウント間、体力微量回復&射撃与ダメ10%UP

必殺は使いどころを選びますが、特殊はいつ使用してもOKです。

後は、変身前のメインアビ使用でバニシングゲージも100%回復してくれるので、多少変身タイミングも意識しておくといいでしょう。

 

変身後は、メインアビ・特殊・必殺が抜群のシナジーを発揮します。

  • メイン使用⇒気力回復+特殊ドロー
  • 特殊使用⇒必殺ドロー+必殺与ダメUP
  • 必殺使用⇒すんごい強い(被ダメカットも妨害)

必殺発動までを非常にスムーズに進めることができ、高威力を叩き込むことが可能となっています。

ただし、上記特殊アーツの効果が発動できるのは2回までです(原作通り)。

原作同様に回避されたら無意味なので、仕掛けるタイミングには注意しておきましょう。

 

また、変身後のカウント経過に応じて能力が上昇する【勝利への策略】も強力ですね。

高威力の必殺を低コストで撃てますし、時間が経つほどに追撃性能がUPしていきます。

手札枠封印のアーツを所持し・バトル開始時に味方の与ダメを上げ・カバチェン時の被ダメカット(+受けたダメージの一部を回復)…と味方のサポートもできる万能キャラです。

 

編成については、再生パーティが最有力ですね。

再生のYEL枠と言えば、パーフェクトセル一択なくらいセルが強力でしたが、そこに入り込めるだけの地力はあります。

ただ…『凸』という問題が待ち受けています

Pセルは一年ほど前に収録されたキャラで、凸が進んでいるプレイヤーも多いでしょう。

対して、ピッコロはLIMITEDで凸を進めにくく、ましてWガシャで新規開催されたこともあって、よほどピッコロ愛が強い人でない限り…ピッコロの凸上げのみを優先するプレイヤーは少ないかもしれません。

まして、Pセル自身が現役で活躍できるキャラ+凸が進んでいれば…ピッコロが編成の有力候補から外れ気味となる可能性は十分あり得ます(ここはプレイヤー次第ですけどね)。

 

ただ、性能自体は非常に強力です。

必殺アーツの威力は高く、射撃性能も申し分なし+味方の援護もできる…と比較的オールマイティなキャラ。再生以外でも、YEL染めとか「エピソード:Z サイヤ人」にも編成できます。

 

まとめ

LIMITEDキャラなので、狙って出すのも凸上げするのも困難ですが…強いことに間違いはありません。母体だけしか入手できなかったとしても、最優先で育成しておきましょう。

Zアビ以外は、タグや属性などに影響を受ける性能は所持していませんし、単体性能としても優れているので何かしらで使いどころはあるはずです。

 

無印版ドラゴンボールにて、悟空の一撃で致命傷を負った初代ピッコロ大魔王。

最後の力を振り絞りながら生み出された卵から誕生したのが、このピッコロです(腹部に穴空いてたのに、どうやって卵作り出したんだろうね?)。

このラディッツ戦時点では、悟空とピッコロはまだ(?)ライバル関係にあり、必殺の魔貫光殺砲も元々は悟空を殺すために編み出した必殺技でした。

この時の、敵(ライバル)関係にあった悟空とピッコロが手を組むっていうのが良かったんですよねぇ…。こういう展開、なんか燃えるんですよね。

 

しかし…初のYEL属性のLIMITEDキャラが、サイヤ人編のピッコロとは…。

Vジャンプにて情報は載ってましたが、てっきり超時空ガシャ産になるものとばかり思っていました。

もちろん原作再現度は素晴らしいのですが、ここを起用してくるっていうのが…なんとも…。レジェンズの運営さんは、いつも予想の斜め上できますねw

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/