えなおのゲーム攻略ブログ

ドラゴンボールレジェンズの各イベント攻略、ゲーム実況・攻略、その他ゲームに関する記事を記載しています♪

【ドラゴンボールレジェンズ】ZENKAI覚醒 ゴクウブラック(YEL/SP)の考察

どうも、えなおです!

こちらのページは、ゴクウブラックZENKAI覚醒後のキャラ考察です。

※以下のステータスが反映されています※

  1. 限界突破☆7+
  2. クラス「ゴッド」
  3. ZENKAI覚醒「覚醒ランクⅦ」時
  4. レベル最大/ソウルブースト全解放

 

ZENKAI覚醒ゴクウブラックの基本情報

f:id:enaochannel:20200206132106p:image

概要

f:id:enaochannel:20200205223259j:plain

ステータス

f:id:enaochannel:20200206132550j:plain

アーツ

f:id:enaochannel:20200207124450j:plain

各アビリティ

メインアビリティ

【心地よい痛み】

自身の残り体力に応じて、以下の効果が発動する

  • 【残り体力50%以上の場合】:自身の与ダメージを50%アップ(20カウント)
  • 【残り体力50%未満の場合】:自身の体力を30%回復&与ダメージを35%アップ(20カウント)

※使用条件:15カウント経過後※

ZアビリティⅣ

バトル時、「タグ:未来」の基礎射撃攻撃力を28%アップ

ZENKAIアビリティⅣ

バトル時、「属性:YEL」かつ「タグ:未来」の以下のステータスをアップ

  • 基礎打撃攻撃力を35%アップ
  • 基礎射撃攻撃力を40%アップ
  • 基礎打撃防御力を35%アップ
  • 基礎射撃防御力を40%アップ

ユニークアビリティ

【理想郷の始まり】

以下のタグに対する、自身の与ダメージを30%アップ(消去不可)

  • 「タグ:サイヤ人」
  • 「タグ:混血サイヤ人」

【孤高なる者】

  1.  場に出た時、戦闘不能な味方または敵バトルメンバー1人につき、自身の与ダメージを10%ずつアップ※交代時、この効果はリセットされる※
  2. 自身が敵を戦闘不能にする度、自身の射撃与ダメージを35%アップ

【新たなる脅威】

※クラス「アデプト」の覚醒パネルで獲得※

  1. バトル開始から30カウントの間、自身の被ダメージを25%カット
  2. 場に出た時、特殊アーツカードを次にドローする(発動回数2回)

 【裁きの時】

※クラス「パワフル」の覚醒パネルで獲得※

バトル経過カウントに応じて、自身に以下の効果を発動する

  • 20カウント経過後:与ダメージを20%アップ
  • 30カウント経過後:被ダメージを15%カット
  • 50カウント経過後:必殺与ダメージを50%アップ

 

 

概評

性能について

2020年2月5日のアプデ後から実装された、ZENKAI覚醒のゴクウブラック。

元々は、2018年11月23日から開催された《BLACK FRIDAYステップアップガシャ》にて新規参戦。超時空ガシャ産ではないため、マスターズパックには収録されていないキャラとなります(RUSH LIMITED!!ガシャには収録されています)。

 

覚醒後に調整された点はこちら。

  • 必殺:射撃被ダメ『20⇒25%』、効果時間が『15⇒20』に上昇
  • 特殊:25カウント経過後の効果が『射撃与ダメ⇒与ダメ』に変更+コストが『20⇒15』に減少
  • メイン:体力回復量が『20⇒30%』に上昇
  • ユニ②:『敵・味方問わず、戦闘不能者1人につき与ダメ10%UP』が追加+『自身が敵を戦闘不能にする度~』の効果が"永続"に変更

ZENKAI覚醒 魔人ブウ:無邪気は、第1段階の覚醒のみで相当な強化(調整)がされましたが、このゴクウブラックは(変更点だけを見ると)若干控えめな印象です。

最も調整が入った【孤高なる者】は、「①:敵味方の戦闘不能者の数」「②:自身が敵を戦闘不能にした数」と周りの影響を受けてしまうもの。

特殊アーツや【裁きの時】含め、若干スロースターターなキャラとなります。

 

加えて、本領を発揮するには『ユニ③・④を解放=課金が必要』という問題点もあります。

もちろん、無課金でも時間さえ掛ければ第1段階のみ覚醒は可能です。その時点でも各ステータスは上昇しますし、【孤高なる者】が強化されたこともあり、ハマった時の総合的な火力は大幅に上昇します。

元々所持している【理想郷の始まり】も素で強いですしね。

ただ、1段階覚醒だけではそこまで大幅な強化はされません。

1段階覚醒(無課金)以降、"どこまで求めるか"はプレイヤー次第です。ゴクウブラックが好きな人は、後日開催されるであろうZENKAI覚醒専用ガシャを回してみるのもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、「タグ:未来」はキャラが限られています。

未来悟飯・未来トランクス・マイ・セル・未来17号&18号・ブラック(ロゼ)・ザマス…後は合体ザマスくらいでしょうか。

悟空やベジータのように『後から新キャラがどんどん追加されてくる…』というほどの収録ペースではないので、ZENKAI覚醒したゴクウブラックが早々新キャラに埋もれることは無いように思います。

※これについては、後述に追記しています※

 

そもそも、Z&ZENKAIアビリティ以外は「タグ:未来」と紐づく能力はなく、単体性能も中々に強力。YEL染めやサイヤ人はもちろん、高難度イベント攻略の際にも何かと役に立つキャラです。

そういう意味では、覚醒しておくに越したことはありません。少なくとも1段階覚醒までは無課金で行えるので、そこまでは地道に進めていって、後は状況次第…となるでしょうか。

【追記】

2020年2月19日のアプデで、LIMITEDベジータブルーに「タグ:未来」が追加されることとなりました。

これにより、"未来に存在していたキャラ"だけではなく"未来編に関連するキャラ"全てに「タグ:未来」が追加される可能性が濃厚となりました。

要するに、悟空ブルー(ザマス編Ver)やベジットブルーにも「タグ:未来」が実装されるということです。

今後の登場キャラ次第にはなりますが、『良くも悪くも、このゴクウブックのZENKAI覚醒は様子を見た方が良い』となってしまいます。

なぜなら、『キャラは新規収録されるごとにインフレする』からです。

お金を掛けてゴクウブラックを強化したのに、悟空ブルーやベジットブルー・未来トランクスなどの新規キャラにお株を奪われてしまっては元も子もありません。

もちろん、ミッション(無課金)で強化できるところまでは頑張って進めた方がいいですし、凸次第では未来パーティで活躍できる可能性は大いにあります。

…が、場合によっては「お金を掛けたのに新規キャラに埋もれてしまう…」という可能性も十分あり得ます。

『未来パーティをメインに使っている』『ゴクウブラックが好き』という場合は別として、追加課金しないと能力が大幅強化されないゴクウブラックに関しては、しばらく様子見でも良いような気もします(もちろん、人それぞれですが)。

 

まとめ

マスターズパックに収録されておらず、人によっては「凸が全く進んでいない」場合もあるかもしれません。

凸に関しては、実装と同時に開催されたLEGENDS Futureのように今後も色々なガシャで登場してくるでしょうから、ひとまずは友情ランクを地道に上げつつ機会を待つといいかなと思います。

一昔前は、ゴクウブラックと未来悟飯(YEL)を組ませて『ライジングラッシュで〇〇ダメージを与える』などのミッションで大活躍していましたが、今では強力なキャラが増えてきたこともあり大分影が薄くなりましたね。

ZENKAI覚醒実装でどうなるかと思いましたが、覚醒を進めなければ正直そこまで大きな変化はないかなと…。もちろん強くはなってるんですけどね。

 

ちなみに今回は、公式からの告知と実装が同日に行われることとなりました(無邪気ブウの時は、実装の5日ほど前に告知されていました)。

友情ランクを上げるのに非常に手間がかかるので、事前に告知しておいてくれると大変助かるのですが…。

基本的に、レジェンズは開催ギリギリで告知を行うことが多いです。

『ユーザーの期待感を高める』という意味合いでも、もっと早めに告知してくれても良い気もするのですが…皆さん的にはどう思うでしょうか?

 

ではでは、今回はこの辺で\(^o^)/